入れ歯の種類

当院の入れ歯は残っている歯の数を考慮し3つの治療法にわかれております。

◎精密咬合テレスコープシステム
◎精密咬合少数残存入れ歯
◎精密咬合総入れ歯


島歯科医院の入れ歯は全て「精密咬合」

つばを飲む、食事をする、話す、呼吸をする。お口の中は、様々な動作に合わせて動いています。

どんなに密着する入れ歯を作ったとしても、あごの動きにかみ合わせがが調和していなければ、お口の中で入れ歯がずれ、「かむと痛い」「外れる」「壊れる」「上手に喋れない」などの弊害が出てきてしまいます。

当院の入れ歯は、テレスコープシステム、少数歯残存入れ歯、総入れ歯全てにおいて0.1mm以下で噛み合わせのバランスを取った、「精密咬合入れ歯」です。
かみ合わせの位置関係をレントゲンで分析し、コンピュータであごの動きを調べ、患者様一人一人のお口の状態に合わせて設計しています。
また、院長自らBPS認定歯科技工士(※)の資格も持ち、精密な入れ歯の設計と最終調整を行っております。


精密咬合テレスコープシステム

→なぜ精密咬合テレスコープに至ったか

●テレスコープシステム

テレスコープシステムとは、歯学が一番進んでいるドイツで生まれた部分入れ歯です。
残っている歯をしっかり固定するシステムなので歯も長持ちし、せんべいやもちなど安心してしっかり噛むことが出来ます。丁度、茶筒と茶筒のふたがなかなか外れないように、フリクション(空気圧)を利用して入れ歯を密着させます。

   
テレスコープを外したところ   テレスコープを入れたところ   テレスコープシステム

精密咬合少数歯残存入れ歯

残っている歯が1本から5本の方へ、残っている歯と、歯ぐき全体に噛む力を効果的に分散させることで、負担なく堅いものでも良くかめる入れ歯をお作りします。吸着し外れず着脱も簡単です。
特に、下のあごは1本でも歯を残すことが大切で、多少弱っている歯でも残せるので、総入れ歯にしてしまう前におすすめです。
また、仮に歯が抜けたとしても修理することでそのまま使い続ける事が出来ます。

   
少数歯残存入れ歯を
外したところ
  少数歯残存入れ歯を
入れたところ
  少数歯残存入れ歯

精密咬合総入れ歯

合わない入れ歯を使い続けると、歯茎、あご等にダメージを受けています(あごの土手がなくなってしまう)。
お口の中が動いている状態の型取りを行った後、かみ合わせの位置関係をレントゲンで分析し、コンピュータであごの動きを調べ、患者様一人一人のお口の状態に合わせて設計する精密咬合総入れ歯です。

   
総入れ歯 全体観   総入れ歯 上顎   総入れ歯 下顎
         
     
完成した総入れ歯を装着した状態    

口元を隠して笑い、入れ歯を気にして家族と食事が出来ない等、本来の生活の楽しみを「入れ歯」によって奪われてほしくないと思っています。
「噛める、笑える・話せる、痛くない」長い人生を本来の貴方の姿で過ごすお手伝いをしたいと考えております。

入れ歯治療のこだわり

島歯科医について

院長紹介

咬み合せ認定医 院長 島洋介

当院では、噛み合わせを重視しあごの動きに調和した「よく噛める入れ歯治療」をしております。
入れ歯が痛い・よく噛めない、インプラントが出来ないなどのお悩みを持つ方の力になれたらと思います。

クリニック案内

島歯科医院
電話:049-222-0648
〒350-0066
埼玉県川越市連雀町25-8