小数歯残存入れ歯

残っている歯が1本~数本の方に適した入れ歯です。

ご自分の歯が多少ゆるがっていたり、虫歯が進んでいても入れ歯を作ることが出来ます。

特に、下顎は1本でも歯を残すことで、総入れ歯よりも高い安定感が得られます。
ですから、安易に歯を抜いて総入れ歯にしたり、歯が抜けるのを待って総入れ歯にするという考えは、大変もったいない事です!

ご自分の歯が1本でも残っていると、その歯がお口の中でセンサー的な役目をします。異物を噛んだときなど、総入れ歯より敏感に感じる事が出来るのです。
その為に、歯を1本でも多く残す事はとても重要です!

少数歯残存入れ歯は、ご自分の歯が抜けてしまった場合も、修理することで総入れ歯として使い続けることができます。

当院の少数歯 残存入れ歯には、3つのタイプがあります。

1) レジリエンツ・システム
2) ドルダー・バー
3) ダルボ

※残っている歯の本数・歯の場所・歯並びなどを考慮し、その方のお口の状態に合わせて設計しお作りしています。

1)レジリエンツ・システムによる治療

残せる歯がしっかりしている患者様の例

○ レジリエンツ・システムは残っている歯が1本~3本の方に適応します。

ご自分の歯で噛んだ感覚に一番近い入れ歯です。

   
治療前(入れ歯の状態)   治療前(お口の中)   治療前(ご自分の歯)
         
   
治療後(システムを装着)   治療後(お口の中)   治療後(システムを外した状態)

2)ドルダー・バーによる治療

歯がゆるがり始め虫歯が進行している患者様。残っている歯の位置がドルダー・バーに向いている例

○ 残っているご自分の歯をつなげて固定します。

多少ゆるがっている歯でも、短く低くして固定する事で歯がしっかりし、入れ歯を安定させてくれます。

   
治療前(入れ歯の状態)   治療前(お口の中)   治療前(ご自分の歯)
         
   
治療後(入れ歯を装着した状態)   治療後(お口の中)   治療後(入れ歯を外した状態)

3)ダルボによる治療

残せる歯が少なくなおかつ、その歯がゆるがっている患者様の例

○ 日本ではあまり知られてないが、歯科治療が進んでいるヨーロッパでは昔からある入れ歯装置です。

調整用のネジがついており、ネジをしめることで外れにくくすることが出来ます。ダルボシステムは、昔からあるだけに(生き残って来ただけに)かなり吟味されたシステムという感触を得ています。

   
治療前(入れ歯の状態)   治療前(お口の中)   治療前(ご自分の歯)
         
   
治療後(入れ歯を装着した状態)   治療後(お口の中)   治療後(入れ歯を外した状態)
         
       
        治療後(入れ歯を外した状態)

入れ歯治療のこだわり

島歯科医について

院長紹介

咬み合せ認定医 院長 島洋介

当院では、噛み合わせを重視しあごの動きに調和した「よく噛める入れ歯治療」をしております。
入れ歯が痛い・よく噛めない、インプラントが出来ないなどのお悩みを持つ方の力になれたらと思います。

クリニック案内

島歯科医院
電話:049-222-0648
〒350-0066
埼玉県川越市連雀町25-8