Q&A

噛める入れ歯についてよくあるご質問

Q.健康保険でできますか?

A.一般的には保険の範囲内で作ることは可能ですが、保険の入れ歯は、材質や製作過程、費やす時間に問題があります。こちらで紹介している入れ歯は自費診療になります。


Q.歯を抜かずに入れ歯を作ることは可能ですか?

A.できるだけご自身の歯を残すようにしていますので、ご安心ください。テレスコープのメリットは歯がだめになってしまった場合も修復をすることができる所です。
少しのぐらぐらは当院の精密咬合入れ歯であれば固定することによっておさまります。
また、将来ご自身の歯を抜くことになったとしても、修理することによって元の入れ歯をお使いいただくことができます。作りかえる必要はないです。


Q.治療中は仮の入れ歯を作ってもらえますか?

A.ご安心ください、どなたにも治療中から快適な生活を過ごしていただけるよう仮り歯(治療用入れ歯)をおつくりしています。この治療用入れ歯(仮り歯)は、かみ合わせを修正し、あごの関節の回復も促しておりますので、単なる仮り歯でははなく、重要な治療の一部になっています。


Q.上の入れ歯だけ、または下の入れ歯だけ作ることも可能ですか?

A.患者様の上下のかみ合わせがよければ片方だけ入れ歯を作ることは可能です。
しかし上下のバランスが悪い場合は、反対側もバランスをとる必要があります。全部になるか一部になるかは患者さんの噛み合わせによります。


Q.治療回数はどのくらいですか?

A.患者様のお口の中の状態によります。お口の中の状態をよく診せていただき、治療の目安をきちんとご説明いたします。


Q.あごが痩せたのでしょうか?入れ歯がはずれやすいのですが

A.合わない入れ歯をつかっていると入れ歯ががたがたするため、あごと入れ歯がぶつかりあごの骨がへってはずれやすくなってしまいます。当院の精密咬合入れ歯は、入れ歯がしっかりと固定されるため、あごが痩せることがありません。


Q.インプラントができないといわれました、入れ歯は作れますか?

A.歯ぐき自体が痩せすぎているとインプラントができない場合があります。また、全身疾患(高血圧・糖尿病・心臓病や脳の疾患、骨粗しょう症)等をお持ちの場合は、インプラント手術が行えない場合があります。入れ歯治療は、高齢者で全身疾患があっても、一切外科的な手術を伴わないので安心して行う事ができます。また、定期的なメンテナンスや修復を行えば、70歳・80歳・90様と年齢を重ねても1つの入れ歯を使っていただくことができます。


Q.インプラントにするか入れ歯にするか費用を考え迷っています。

A.あまりにも安い費用のインプラントは考えものです。
通常しっかり手術をしている歯科医院なら、設備維持、技術料、材料費、スタッフの人件費を考えると、1本20万円前後の価格で治療はできないと思います。
きちんとした所でインプラントを入れようとすると、入れ歯よりかなり高額になります。
また、永い目で見ると残っている歯が弱ってしまった場合でも、当院の入れ歯は修正を行うことができ、トータルコストが安くなります。


Q.インプラントは一生使えますか?

A.一生使えるとは言いきれません。インプラントにおいても噛み合わせがきちんと調整されていないとインプラントが抜けてきます。
また、歯みがきなどの日常の手入れ、定期健診を怠ると、インプラントのトラブルの原因になります。糖尿病などの疾患がある方もインプラント性歯周病になりやすいので注意が必要です。

POINT 身体の状態に合わせた義歯治療を行いましょう!

インプラントは、健康な時には大変便利ですが、寝たきりや病気になった場合に取りはずしての手入れが不可能な為インプラント性歯周炎を起こしやすくなりますので、お口の中のお手入れは十分に気をつけたいものです。
ビスフォスフォネート薬について、骨そしょう症、ガン治療で使われている薬を服用されている場合インプラントをいれると骨が腐ってしまうおそれがあります。
また、インプラント治療の後からビスフォスフォネートを服用しても、インプラントと骨の接合部分が腐ってしまう場合があります。ご自身の身体の状態に合わせた義歯治療を選択しましょう。



Q.入れ歯は何年位もつのですか?

A.当院でテレスコープシステムの入れ歯をおつくりし10年経過した、患者様すべてが10年前の入れ歯を現在も使用しています。当院では「一生使える入れ歯」づくりを目指しています。


Q.入れ歯安定剤は使わなくてよいのですか?

A.巷で使われている「入れ歯安定剤」は当院の入れ歯には一切必要ありません。
歯が残っている場合、金冠歯を患者様の残っている歯に被せ(内冠)入れ歯の内側にも金属冠(外冠)を入れ、丁度茶筒と茶筒のふたのように密着させます。よって安定剤を使う必要がなくぴったりと密着します。総入れ歯の場合も精密な重合方法(イボカップシステム)で、ガラス板と板の間に水を介在させるとぴったりくっついて離れない状態を得られ、維持が非常に良いため、入れ歯安定剤を使用する隙間がありません。


入れ歯治療のこだわり

島歯科医について

院長紹介

咬み合せ認定医 院長 島洋介

当院では、噛み合わせを重視しあごの動きに調和した「よく噛める入れ歯治療」をしております。
入れ歯が痛い・よく噛めない、インプラントが出来ないなどのお悩みを持つ方の力になれたらと思います。

クリニック案内

島歯科医院
電話:049-222-0648
〒350-0066
埼玉県川越市連雀町25-8